AllyJapan株式会社

基板FAQ ~なんかへんだぞこの基板~

【事例058】基板表面に打痕がある
基板表面に物理的に押しつぶしたような打痕が残ってしまっている。

この打痕は基板同士がぶつかったり特定の場所に接触したような跡絵はなく、面に対する圧力によって生まれたと想定されます。そのため、この不良はプレス工程である可能性が高いです。本基板についてはプレスしたタイミングで発生した基板屑をが板表面に落ち、それが次回のプレス時に圧力を生んでプレスする時に、打痕を発生させるに至りました。

プレス工程における基板屑等の清掃の徹底です。一回のプレスが終了するごとに基板屑の清掃をする必要があります。プレス工程では、発生した基板屑が自動的に下に落ちる仕組みになっているものが多いのですが、それでも下に落ち切らなかったり想定していなかった細かい基板の破線が発生する可能性も当然ありますので注意が必要です。プレス機にはエアーを噴く挙動がセットになっているものが多いのですが、手動のエアーを利用したり、または刷毛などで清掃している場合もありますのでそういった場合には注意が必要です。

<< 前のページに戻る

AllyJapan株式会社

神奈川県横浜市中区不老町2-11-10
L.S.Building 3F
●お問い合わせ
Tel :(045) 263-9031
Fax:(045) 263-9032