Ally基板の検査体制

 

Ally基板の検査体制をご紹介いたします。

 

 

 

Allyは単純な「商社」の枠にとらわれず、

 

サービス向上の為に様々な取り組みを行っています。

 

 

 

その一つが「品質保証」です。

 

『メーカーによる検査』

 

弊社が納入する基板は全数導通検査(チェッカー)を行います。

 

※導通検査不要のご指示がある場合は除きます。

 

上記に加え、外観検査等の出荷前検査も行います。

 

 

 

『メーカー駐在員による検査』

 

試作・量産の両メーカーへAllyの検査員を派遣させています。

 

メーカーの出荷前検査後に外観検査を行います。

 

これにより、不良品発生時の再作成を早い段階で指示することができ、 納期への影響を最小限に留めさせています。

 

また、Out-Out取引においても、Allyの品質基準をクリアした製品を納入することができます。

 

 

 

2重、3重の検査体制で、お客様へ安心をお届け。

 

 

 

標準の拡大鏡検査に加え、顕微鏡検査も対応致します。

 

標準品はIPC規格(クラスⅡ)をベースとし、

 

各項目の基準を詳細に定めたAlly独自の基準を採用。

 

量産品は品番ごとに、 検査方法やより厳しい基準を定めることも可能です。

 

真冬のクリスマスシーズン

 

街は華やぎ、住み慣れた街も

 

一層耀きを増す素敵な季節を迎えております。

 

 

 

凛と冷えた澄んだ空気の中

 

思い思いのクリスマスイリュミネーションで

 

彩られる横浜の街も

 

すっかりメルヘンな世界観が演出されています。

 

 

 

そんな横浜中心部,スタジアム近くに事務所を構える

 

当社、Ally Japanは、

 

20年~30年あまりもの経験豊富な

 

基板エキスパートたちが

 

独自の基板設計ノウハウ、

 

量産設計ノウハウを礎に

 

日々、皆様のご要望に応えております。

 

 

 

あらゆる種類の基板に対応する

 

ALLYグループでは、

 

中国深圳にも、大手一流企業で長年培った経験を備える

 

熟達した品質管理者を配しており

 

品質確保の上、安価な輸入基板へのご対応も

 

実に速やか、スムーズに対応可能です。

 

 

 

安心、便利、信頼のおける

 

ALLY JAPAN

 

先ずは、お見積もりを戴きます様

 

社員一同お待ち申し上げております。

 

現場商社の使命

 

10月に入っていよいよ秋めいてきました。食欲の秋ですね。

 

 

 

農園に嫁いだいとこが、毎年この季節になると美味しそうな

 

もぎたての梨と共に秋の香りを我が家に届けてくれます。

 

 

 

甘くてみずみずしい梨は、美味しいだけでなく、

 

疲労に対する抵抗力を高める働きをもつ「アスパラギン酸」や、

 

ナトリウムの吸収を抑えて血圧を下げる効果が期待できる「カリウム」

 

などの栄養も含んでいます。

 

 

 

スポーツの秋で、体を動かした後は、梨を食べて疲れを癒してみては

 

いかがでしょう?

 

 

 

さて、ITの発展により、ECサイト上での商取引が頻繁に行われている昨今、我々が取扱う電子部品もその潮流を避けて通ることは出来ません。

 

「商社」というビジネスモデルは時として斜陽産業とも言われ、重要性は徐々に軽んじられる場合もあります。

 

以前からある商社としての業態では、これからの時代に不要論が出てきても決して驚くことではないでしょう。

 

もちろん、広範囲にわたる生産拠点からの輸送業務に、これからも商社の存在は必要不可欠です。

 

しかし、それ以上に優位性を持つことは難しい時代だといえるでしょう。

 

現在、ハードを売っていくには1台当たりのコストをどれだけ下げられるかがカギとなっています。

 

かなり厳しい競争を強いられているお客様も多い中、お客様とPCBメーカーとの間に入ってサポートを行っている当社では、

 

お客様にとって“なくてはならない業態”になることに主眼をおいています。

 

このなくてはならない業態こそ、今までの商社にない優位性を持った「現場商社」なのです。

 

 

 

現場商社の使命は 現場からお客様に最適な提案をすること「現場商社」の使命は、お客様と部品メーカーとの取引の鮮度を高め、

 

且つ製品供給の精度を上げることだと考えています。

 

単に「コストが安い」などといったお得感からお取引をいただく調整役ではありません。

 

“作る・売る側の論理”と“使う・買う側の立場”で考え、現場からの情報提供とともに、お客様に最適なご提案させて頂きます。

 

大・中ロット製品を低価格で安定供給

 

早いもので

 

もう神無月。

 

まもなく、霜月、師走と

 

今年も終わりを迎えます。

 

 

 

何事も、今日できることは今日

 

先延ばししていては、1年は、あっという間に終わってしまいます。

 

 

 

そうしたなかで

 

ALLYグループは、みなさまに

 

高品質、低価格の基板をご提供すべく

 

日夜努力を重ねております。

 

 

 

弊社の基板ご提供は

 

試作から量産まで円滑に

 

しかも、国内生産だけでなく、

 

ALLYの品質管理と、製造技術指導の下、

 

中国とのグローバル・ネットワークで

 

「大・中ロット製品を低価格で安定供給」し

 

お客様のご要望、それぞれの特徴を活かすべく

 

日々、ご提案を重ねております。

 

 

 

まずは、ALLY JAPANの試作でお試しください。

 

不具合撲滅作戦

 

暑い日が続きます。

 

皆様お体に気を付け御過ごしください。

 

 

 

色々なことが進化している中、品質は今も昔も変わらず、

 

永遠のテーマとなり、不具合撲滅作戦が続いています。

 

 

 

当社は、不具合撲滅作戦の一貫として、未然防止を常に心がけ、

 

品質の改善に取り組んでいます。

 

 

 

未然防止とは?

 

 

『一歩も二歩も先を読み、想定される問題に対してあらかじめ手を打つこと』

 

 

 

問題が発生して、あたふたと対策するのではなく、事前に問題を予測して

 

発生しないように、予め、その原因に対策しておくという考え方です。

 

 

とても難しい事ですが、あきらめず一つ一つ問題を解決し、その問題を二度と

 

おこさないことがたいせつと考えております。