深圳で青空

 

ALLY深圳の佐野です。

 

早いもので8月も今週の3日間を残すだけ、まだ暑い日は続きますが徐々に日が短くなり涼しくなっていきます。

 

休みの日は今もウォーキングをしていますが、時々深圳も青空が広がることもあります。写真がそうですが、古くから深圳を知っている人は空気もきれいになったと聞くこともあります。

続きを読む

深圳に台風4号直撃

 

ALLY深圳の佐野です。

 

82日の午前中に台風4号が深圳市を直撃しました。台風自体の勢力はそれほど大きくはありませんでしたが、政府からの案内で学校は休み、企業も休みにするように指示が出されました。ALLY深圳は通常業務としましたが、交通機関の乱れもあり遅刻する人もありましたが、社員の皆さん、しっかり仕事をこなしてくれました。

続きを読む

中国ナニコレ珍百景 No1

ALLY深圳の佐野です。
土日のウォーキングは現在も続けていますが、歩いていると珍しいものを発見することもあります。中国で見つけたナニコレ珍百景を紹介していきたいと思います。
写真は南山の道で見つけました。
道路標識のてっぺんに何やら植物が生えているではないですか。
ポールに留まった鳥がしたフンの中に種があり、ポールの上で育ったのかなと思いましたが、よく見るとポールの下にも同じような植物が生えています。
そうです、下に生えていた植物がポールの中に芽を出し、光を求めてポールの先まで伸びて成長していたのです。植物の生命力も大したものですね。
この植物のようにALLYも新たな光を求めて成長していけるといいなと思った次第です。
また、珍しいものを発見したら投稿させていただきます。

 

続きを読む

夏の中国旅

いい日旅立ち 夕焼けをさがしに
母の背中で聞いた歌を 道連れに

四月に入ってから 雨の日が多かったが 最近やっと晴れました。
気がついたら もう夏ですね。
自然は とても綺麗なので 皆さん いい日に旅にたちましょう。
では今日のブログでは中国で一番人気の観光地をご紹介いたします。
まずは写真をご覧下さい。
今度 一つ一つご案内申し上げます。
よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

すっかり夏日和

ALLY深圳の佐野です。
6月に入り深圳は毎日30℃を超える真夏日となり、空も夏の雲が見られるようになり、蝉もうるさく鳴き始めました。10月の国慶節あたりまでこの気候が続きます。
夏バテをしないように食生活、睡眠をしっかりと取るようにしたいものですが、冷たいものを飲み食べ過ぎたり、夜は寝苦しくて十分に睡眠が取れないこともありますので、体調管理には十分気を付けましょう。
とは言っても、これだけ南に位置しながら海が近いためか35℃を超える猛暑日にはあまりならないようです。中国の内陸や日本の方が最高気温の高いケースが多いですね。
深圳の夏の風物詩と言えば、ライチがありますが最近路上の販売も見かけるようになりましたが、冷やして食べると美味しいです。スイカは1年中ありますが、今が一番安い時期です。1斤(500g)=1元(16.5円)で売っていますので、100円で3kgのスイカが買えることになります。安いからと言って一個買っても一人住まいでは困ってしまいます。
それでは、ALLY深圳は暑い夏に負けずに、みんなで仕事をバリバリこなしていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

深圳でウォーキング2

 

ALLY深圳の佐野です。

 

前回、深圳でウォーキングの話しをしましたが、

色々歩いていると日本と違って普段起こらないようなことに遭遇することがよくあります。

 

 

 

続きを読む

深圳でウォーキング

 

ALLY深圳の佐野です。

 

深圳もだいぶ暑くなってきました、但し、雨の日が多く憂鬱になります。

 

深圳の業務はデスクワークが多く運動不足になりがちなので、今年になってから休みの日は福田から羅湖まで歩くようにしています。約10kmの道のりですが2時間かけて歩いています。午後4時ごろに出発して目指すは日本料理屋の冷たいビール、汗をかいて疲れた時の一杯はたまりません。

 

毎週歩いている中で、歩行中に注意をしなければならないことを以下に記載します。

 

車に注意

 

 中国では車優先であり青信号の横断歩道を渡っていてもクラクションを鳴らして車が突っ込んできます。また赤信号でも車は右折可能な信号が多く、ここでも油断はできません。

 

 

②自転車に注意

 

 自転車は電動駆動式で免許もいりません、交通ルールを守らない(知らない)危険な走行が多くみられます。歩道をビ~、ビーとクラクションを鳴らして人を押しのけて走っています。中国では“車>自転車>人”こんな位置関係なのでしょう。

 

犬の糞に注意

 

 歩いていると至る所に犬の糞が後始末をしないで放置されています。いつも下を見ながら歩かないと大変なことになってしまいます。裕福になった人たちがペットを飼うようになってきましたが、飼い主のモラルが伴っていないのが現状です。

 

犬の種類では中国でもトイプードルが断トツの人気のようです。

 

 

 

以上、深圳に出張される方は注意してくださいね。

 

清明節

ALLY深圳の佐野です。
本日、4月4日は清明節と言って中国の祝日になります。本日は工場もALLY深圳もお休みとなっています。
清明節は祖先の墓参りと、墓を掃除する日であり、「掃墓節」とも呼ばれますが、これは日本におけるお盆に当たる年中行事です。
とは言っても、深圳は地方からの出稼ぎが多いため、墓参りに行く人は少なく、暖かくなってきたこの時期は花も咲き始め公園や海、山などに出かける人が多いようです。
今回は3連休となっているところも多いと思いますので、観光地は車の渋滞と人混みで日本以上に過激なもので、癒しに行ったつもりが余計に疲れて帰ってくることになり兼ねないので、私は家でのんびりしていたいと思います。

続きを読む

日本のひな祭りと中国の七夕祭り

 

ALLY(深セン)営業部のRindaでございます。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

今日は33日で 日本では女の子の祭りと言われるひな祭りです。日本で留学する時 日本人の家で 綺麗なひな祭り人形を見たことがあります。とても綺麗でした。

 

続きを読む

中国元宵節(ゲンショウセツ)

新年好、ALLY深圳の佐野です。
旧正月に伴う休日も終了して、深圳の街も活気を取り戻してきました。基板工場も連休の遅れを取り戻すためにフル稼働状態となっています。
お休み中にご注文を頂いておりました基板は、どんどん生産を進め出荷をしていくように対応させていただきます。
本日、2月22日(旧暦1月15日)は元宵節です。元宵の元は1月、宵は夜の意味で、旧暦1月15日は新年最初の満月の夜になります。
この日は、人々は新しい春の到来を祝って、提灯に火を灯し、月を眺め、提灯に貼られた謎々を当てたりしながら一家団欒して過ごすそうです。
元宵節につきものの食べ物は饅頭のようなもので「元宵」と呼ばれています。
深圳もまだ寒い日が続きますが、元宵節を過ぎると徐々に暖かくなり春の訪れとなります。

生日快乐!

ALLY深圳の佐野です、本日2月1日は私の56回目の誕生日です。この年になると誕生日と言っても特別な想いはありませんが、あと何年仕事ができるか先のことが心配になってきますね。
いよいよ今週から旧正月に伴う中国国民の大移動が始まります。
今年の旧正月(春節)は2月8日ですが、今週から2週間に亘って休日とする会社、工場も多いようです。ALLY深圳は、2月6日から14日までお休みになっています。
深圳で働いている方は、ほとんどが地方から来た人達で、この期間だけは帰省しますので、深圳の街はガラガラの状態になってしまいます。日本料理などはほとんど閉まってしまいます。何もすることがなく退屈な休日となりますので、日本への帰省か海外旅行にでも行ったほうがいいでしょう。但し、ここのところの中国からの海外旅行者も急増したために、日本、海外ともにチケット代が高くなり、抑えるのも大変になってきました。
また、工場では帰省をした社員が休み明けに戻ってくるか心配な時期でもあります。休み明けにまだ社員が戻らずフル稼働ができない工場もよくあるのが実態です。
この期間だけは、基板の手配、供給も完全に止まってしまいますが、ご理解をお願いいたします。

中国の旧正月―春節

続きを読む

間もなく2016年春節・中国民族大移動開始

本日もALLYのブログをご覧頂きありがとうございます。
今回は、春節の話をしましょう。
中国では現在でも、新暦の元日より旧暦(中国農歴)の正月(旧正月)を

祝う習慣があります。
2016年『春節』(中国の旧正月)は2月7日です、その前15日、後の25日間、

合計40日間は、『春運』と呼びます。

2015年の『春運』期間中には交通機関を利用する旅客数は33.23億人に達し、
弊社の中国拠点である深セン市の人口は、2000万人中、地元人はたったの230万人で、

88%は地方から都市部へ出稼ぎにきています。

労働者達が帰省できる機会も限られ、自然とこの『春節』の期間に集中してます。

列車のスピートが上がり、そして高速鉄道は1.9万キロ、高速道路12万キロ、    
航空便も増えてきたものの、ネットを利用してチケットを購入する場合、
『秒光=1秒売り切れ』となってしまいます。
窓口で行列して購入する場合、下記の撮影をご覧ください。
今年の春節はどんな込みでしょうか、続きで次回に書かせて頂きます。

続きを読む

China WIFI

本日もAllyのブログをご覧していただきまして誠に有り難うございます。

本日はChina WIFIについて話したいと思います。
Smat phoneが出世してから中国はいろんな公共場所にWifiを設置しています。
最近重慶南岸区にある公共トイレに無料WiFiを設置された話がありました。
重慶の市街地に5つ星クラスの公共トイレが登場し、市民の関心を集めています。
暗礁番号を記入すれば二秒で連接できて、ネット開くのもスピードが速いことです。
便利なトイレサービスを提供するため、

このトイレは公衆トイレと便利な設備を一体化しました。


壁に携帯充電用の設備があるし、トイレのロビーに冷蔵庫、水飲み場、救急箱などを

配備しています。
太陽光発電を設置して、一年の電気代を2460RMBを節約できるとのことです。
トイレを使用したことがある市民は「生理的な必要を満たすだけでなく、

より便利になった」と話しました。
現代建築風の外観や多数のLEDディスプレイや屋根の上の太陽光パネルが

配備されているのを見た人は即座に公衆トイレの近代化を感じるでしょう。

 

深センの交通事情

今や自動車の年間販売台数は数年前にアメリカを越してNo.1の中国ですが、

我々が住んでいる深センも年々増加していることを実感しています。

さすがに市もこれではまずいと思い、午後7時以降は深セン以外のナンバープレートの車は、走ることが規制され、隣の東莞市、恵州市、広州市などから深センに来ている車は

皆午後7時前に深センから出て行きます。

ただ仕事で来ている人達(特にトラックなどの輸送車)からしたらたまったものではなく、

深センの羅湖区や福田区では夕方5時頃から渋滞し始める為、

その前に仕事を切り上げて脱出しなければいけないので、時間調整がとっても大変です。

通行制限と同時に小型乗用車の購入規制も市は打ち出しており(

年間10万台、状況に応じて変えていく)、そこで注目されるのは公共の乗り物です。


路線バスもありますが、エコの観点から見ると地下鉄が重要な位置づけになってきます。

深センには現在5路線ありますが、数年以内にあと5路線が追加されるそうです。
1回限りのチケットもありますが、日本のSuicaやPASMOと同じようなICカードがあり、

路線バスなどにも使えるので便利です。
初乗り運賃は2元(約40円/ICカードでは1.9元)で、深センの昨今の物価高騰のなか、

非常に割安感があります。

路線の延伸も計画しているようで、郊外から深センの中心街へ通う人は増えていくことが

予想されます。
そうすると、今度は地下鉄が、ラッシュ時、

東京と同じように身動きも取れないぎゅうぎゅう詰めの状態になってしまう!?

大都会はどこでも皆同じですね。

 

事業価値を考える

残すところ今年もあと3日
一年の総決算という観点から
企業人として
”事業価値”について考えてみます。

 

通常、事業価値と謂えば
実績(財務経理)に基づいて評価されがちです。

がしかし現実に
実績(過去)自体が先を予測できるツールになるかと問われれば
必ずしもそうではないんですよね。

 

企業の恒久的発展を目指すならば
人材はもちろんのこと
技術力、組織力
さらにはお客様とのネットワーク等々
”数字にならない価値”こそをも
しっかりと見極め
それをひとつのrulerとして
考慮しながら、事業価値の転換を
図ってゆかねばならないと
考えております。

 

よって私たちは
新しい価値を創出すべく
具体的且つ実現可能性の高い
事業の方向性を見極めながら
日々邁進しております。

 

経営管理部

電子商取引

中国では、電子商取引がここ数年で爆発的に発展し、

中国経済に新たな風を吹き込んでいます。

一連の政策と法規整備も、電子商取引の発展の追い風となっています。
統計データによりますと、今年(2015年)1月~10月の間、

全国のネット通販市場における小売売上高は昨年同期より34.6%増の2兆9484億元に達し、

今年1年間で3兆元以上に達する見込みだということです。

また、電子商取引総額は18兆元に達し、昨年同期より35%以上増加しました。

中国は世界トップのネット通販市場となっています。
 電子商取引の急速な発展には、政府の奨励と支援という背景があります。

国務院が5月に公布した「電子商取引の発展を強化し、経済の新しい原動力を育成する意見」と、7月に打ち出した「電子商取引の発展を強化する29の措置」は

電子商取引の急速の発展を推進しました。
 また、電子商取引の健全な発展を確保するために、

「電子商売取引小売業第三者プラットフォームの取引規則の制定に関する手続きと規定」や、「電子商取引による食品薬品小売経営の監督管理方法」、

「電子商取引商品の品質抽出検査に関する意見」などが実施されているほか、

「電子商取引法」も来年に実施される見込みです。
『中国网络购物用户调研报告2015年』によりますと 電気製品は

すごく好販となってます(下記のグラフ参照)、電気製品なら、必ず基板を使います。

ALLYグループは、基板の設計・生産・実装までカバーできるメーカーであり、

ネット通販の風に乗りながら、一緒に成長しましょう。

中国PCB工場について

本日もAllyのブログをご覧していただきまして誠に有り難うございます。
本日は工場の火事のついて話します。

12月22日午前10時に広東省鶴山市にある広東世運电路科技股份有限公司の

江門の第三工場で火事がありました。
火事の導線はレジストクリンルームの仮乾燥炉です。
約2時間後消火され、負傷者はでませんでした。

詳細は調査中となっております。
世運会社はPCB専門製造工場であり、DHIとPCB多層基板を中心とし、

江門第三工場は2012年から稼働して、稼働率は約50万㎡/月です。

続きを読む

12月の中国

ALLY深圳の佐野です.

前回のブログで深圳はまだ暖かいと話しましたが、ここ一週間で冬の装いとなりました。

最高気温も20℃を切る日もあり、やっと冬が来たという感じです。
深センの冬は大変短いですが、10℃以下になる寒い日もありますので、

この期間を過ごすための防寒設備(衣類、暖房、等)は必ず必要になります。

油断をして風邪をひく人も多い時期です。出張者の方もこれから2か月間程度は

十分な防寒対策をしてお越しください。

ホテルに暖房設備のないケースが多いのでご注意を。


春節を明けると徐々に暖かくなってきますが、

日本と比較すると若干早めの気温の変化になるようです。
今週はX’mas、日本ではイルミネーション等で雰囲気MAXと思いますが、

中国ではまだまだ認知度が低いようで街もいつもと変わらず、

一般的な家庭では特別なイベント(ケーキやプレゼント)は無さそうです。

中国在住ですとちょっと寂しですね。
それでは今年も残り10日間、ラストスパートで頑張っていきましょう

展示会 2015 HKPCA & IPC Show

本日もAllyのブログをご覧していただきまして誠に有り難うございます。
本日の話題は12月2日~4日まで開催された2015 HKPCA & IPC Showです。
HKPCA & IPC Showは香港線路板協会と米国電子回路協会により主催された

国際プリント配線基板及び電子組立華南展示会のことです。

毎年12月第一週目の水木金に中国深セン会展センターで開催されます。


PCBメーカーを中心に 基材メーカー、設備メーカー、薬液メーカー等

様々なメーカーが出展して、中国の電子業界では最も影響力が高い展示会です。
 今回の展示会では将来プリント配線基板市場動向・知的制御・リサイクルによる

省エネルギー及び環境に配慮した製造・フレキシブル基板/セラミック基板の内容も加え、

昨年よりさらに幅広い範囲での製品及びアイデアが出展しました。
私は2日間に展示会へ行き、いろいろ見学しながら大勢な人に会いました。

そこでゆっくり話し、情報交換もできましたので本当に充実した時間となりました。

また見積もり依頼もいただくことができました。


みなさんも感じているかもしれませんが

来年はPCB業界としてなかなか厳しい年になるかもしれません。
そのような中では、いかに他社との差別化を図り選ばれるかが鍵となりそうです。